【「カフェスタイル」オフィスのメリットとつくり方】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィス内装工事』のサポートさせていただいている栃木オフィス内装工事.com です。

【栃木オフィス内装工事.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

「カフェスタイル」オフィスが人気です。これは、働き方改革の動きやコロナ禍によるテレワークの拡大といった環境の変化が背景にあります。

オフィスは「仕事の場」=「行かねばならない場所」というだけでなく、「仕事がしたいと思える場所」であることが求められるようになってきています。

この点から、「カフェスタイル」オフィスには利点があります。カフェはリラックスできる空間ですし、おしゃれで、つい「足を運びたくなる」場所です。

カフェスタイル・オフィスの導入は、以下の効果が期待できます。

まず、コミュニケーションが増えることです。カフェスタイルなら、従業員はリラックスした状態で会話を楽しむことができます。部署が違う従業員同士も、会話が弾むようになります。

これらを通じて、何らかのアイデアを得ることがあるかもしれません。カフェスタイル・オフィスを導入することで、オフィスの刷新を図ってみてはいかがでしょうか。

総じて、従業員による会社への満足度が向上することが期待できます。

「カフェスタイル」オフィスを実現するためには、いくつかの注意点があります。

テーマを設定する
まず、カフェのテーマを設定することです。「森の中」「海辺」など具体的に決め、統一性をもたせることが必要です。これがしっかりしていないと、以降に述べる色使いなども統一性が保てず、結果として、従業員を不安にさせてしまうことになりかねないからです。

「オフィス的」でない家具を採用する
「カフェスタイル」ですから、デザイン性にすぐれた家具・機材を採用することも重要です。「いかにもオフィス」という家具ばかりでは、カフェスタイルとはなりません。予算に合わせて、輸入家具のブランドを選ぶといった工夫もあり得ます。

カラー・素材を工夫する
テーマに沿った形で、従来のオフィスでは使っていない素材や形状、カラーを取り入れることです。これが「ふつう」のままだと、これまでのオフィスとの変化を感じられず、リニューアルの意味がありません。

書類棚、備品などを目立たせない
カフェスタイルにしても、書類棚やOA機器が目立つ場所に設置されていると、「いかにもオフィス」となってしまいます。従業員別の備品は個人ロッカーに収納したり、ペーパーレス化を進めることが求められます。プリンタなどは、カーテンを設けて直接見えないようにするという工夫もあり得ます。

こうしたオフィスづくりを進めることで、優秀で若い人材の確保、効率と生産性の向上、従業員間のコミュニケーションの向上、そして離職率の低下が期待できます。

【栃木オフィス内装工事.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をワンストップでサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスのリフォーム・修繕なら、お任せください。オフィス家具の選定と販売・レイアウト変更、ネットワークとセキュリティに関するご相談もお気軽に【栃木オフィス内装工事.com】にお電話ください。

“栃木オフィス内装工事.comのサービス”

栃木オフィス内装工事.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィス内装工事.comご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市