オフィスに適したフリーアクセスフロア(OAフロア)に

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

IT(情報技術)化の進展によって、パソコン、プリンタなどのオフィス機器は欠かせないものとなっています。機器が増えると、床面や机上には電源やネットワーク、接続のための各種ケーブルがあふれるようになります。

こうなると、ケーブルに足を取られて怪我したり、ホコリが堆積して事故につながるなど、さまざまなリスクが発生します。ケーブル自身も損傷するリスクが高まりますし、何よりオフィスが汚く見えてしまいます。

ここで、フリーアクセスフロア(OAフロア)の出番です。フリーアクセスフロアは、乱雑になりがちなケーブル類を床下に収納することで、オフィスをきれいでより機能的にすることができるものです。オフィスのレイアウト変更も自由度が高まりますし、掃除も簡単です。新築のオフィスでは、当初からフリーアクセスフロアとなっている物件もあります。

フリーアクセスフロアは、元来の床の上にパネル(フロアパネル)を敷くことでつくります。床を二重構造にすることで、そのすき間にケーブル類を収納することになります。

フリーアクセスフロアで使用されるフロアパネルの方式には、大きく分けて「置敷タイプ」と「支柱タイプ」があります。「置敷タイプ」は施工期間が比較的短く、費用も安価です。「支柱タイプ」はパネルが金属製の支柱でを支えられているもので、施工期間はやや長めです。

このほか、ケーブル類の収納方式にも、パネル下の空洞部に配するものと、パネルの溝にそって配するものがあります。前者は収納スペースが大きい半面、ケーブル類の混線が起きる可能性があります。後者は配線の変更が容易ですが、収納スペースが狭くなります。

また、フリーアクセスフロアを施工する際には、耐荷重性能を考慮する必要があります。オフィス全体に置かれた機器の重量と、パネルの材質を見極めます。さらに、フリーアクセスフロアは床面を「上げる」ことになりますので、オフィスの天井の高さも考える必要があります。

以上、フリーアクセスフロアの施工には「プロの目」が欠かせません。フリーアクセスフロアの検討・施工は、【栃木オフィス作り.com】にお任せ下さい。

【栃木オフィス作り.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をワンストップでサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス” 床工事

栃木オフィス内装工事.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィス内装工事.comご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市