オフィスレイアウト設計に関してこんな悩みありませんか?

  • オフィスのレイアウト変更やリニューアルの責任者を任されて困っている
  • 繁忙期で忙しいのに、短い期間で事務所のレイアウト変更をするのは無理…
  • 期日が迫っているので事務所のレイアウト図面を今すぐに設計してほしい
  • 現状のオフィスレイアウトでは社員が入りきらないので困っている
  • この際なので、効率的なレイアウトの事務所にリニューアルしたい

オフィスレイアウト設計なら栃木オフィスづくり.comお任せください
オフィスレイアウト設計を”無料”で行います!

栃木オフィスづくり.comは、オフィス家具メーカーの設計部門と連携してオフィスレイアウト図面を作成しており、お急ぎの場合でもスピード対応が可能ですので安心してお任せください。
また、オフィスレイアウト設計は無料で対応しています。お気軽にご相談ください。
※オフィスレイアウト設計の無料対応は、オフィス家具やオフィス内装工事等をご相談頂けることが前提となります。

オフィスレイアウトの設計事例

栃木オフィスづくり.comのオフィスレイアウト設計事例をご紹介します。

オフィスレイアウトマニュアル無料配布

栃木オフィスづくり.comが選ばれるポイント

レイアウト図面作成のスピード対応が可能

満足できる新オフィスにするには、打ち合わせを繰り返し、レイアウト図面を何度も修正する必要があります。栃木オフィスづくり.comはオフィス家具メーカーの設計部門と連携をしているので、迅速にレイアウト図面の修正をすることが可能です。早期にオフィスレイアウト図面を作成すると、オフィス作りがスムーズに進みます。

事務所のレイアウト変更業務に一括対応

オフィスレイアウト変更では、オフィス家具メーカー、内装工事会社、配線工事会社など、様々な業者との打ち合わせをする必要があるので責任者は大変です。栃木オフィスづくり.comは、各業者への連絡の一括窓口を代行しています。
レイアウト変更を専門家である私どもにお任せいただくことで、ミスが発生するリスクを抑え、お客様の手間を省くことができます。

効率的なオフィスレイアウトをご提案

栃木オフィスづくり.comには豊富なレイアウト設計のノウハウがあります。そのため、省スペース化や効率の良いオフィス導線設計、社員のコミュニケーションが活性化するオフィスレイアウトをご提案することが可能です。栃木オフィスづくり.comはお客様のオフィスに合わせた効率的なオフィスレイアウトをご提案します。まずは一度プロにご相談ください。

オフィスレイアウト設計のポイント

オフィスのレイアウト設計を実施する際に意識するべきポイントを下記に記載しております。オフィスレイアウト設計を実施する際はこちらを参照してください。

  • 1.オフィスに必要なスペースを確認する
    オフィスに必要なスペースの例
    ・執務室
    ・ミーティングスペース
    ・セミナールーム
    ・休憩室
    ・受付、エントランス
    ・社長室
    ・面談室
    ・資料室
    ・待合室
    ・応接室
    ・食堂
    など…
  • 2.各スペースの配置場所を確定する必要な部屋数やスペースの広さが決まったら、次はオフィス内の部屋の配置を考えます。オフィス内のスペース配置を考えることをゾーニングと呼びます。ゾーニングを実施する際に空間を4つの区分に分けることが重要です。区分けを行うことで業務効率を上げることができるだけでなくセキュリティ面でも対策を行うことができます。
    ゾーン①
    誰でも出入り自由なスペース(エントランス等)
    ゾーン②
    来客者も利用可能なスペース(応接室等)
    ゾーン③
    社員や関係者のみ利用可能なスペース(執務室等)
    ゾーン④
    特定の社員のみ利用可能なスペース(サーバールーム等)

    ※オフィスの入口から順番にスペースの割振りを行います。

  • 3.執務室の広さを確定させるゾーニングが完了したら、次は執務室の広さを決めます。社員数を考慮せずに執務室の広さを確定させると、執務室が想定よりも狭くなり、働きにくいオフィスになってしまう危険性があります。細心の注意を払い、執務室の広さを確定させましょう。執務室の広さを決める際に、下記のような適切な執務室の広さを図る指標があります。
    執務スペースの面積(㎡) ÷ 社員数(人)
    この指標は社員数1人当たりどの程度の必要なスペースが必要か図ることができる指標です。例えば執務スペースの面積が90㎡あったとして、社員数が18名いるとすると「90㎡÷18名=5㎡」となるため、この執務室には1人当たり5㎡の空間を確保できていることになります。この指標はあくまで目安ですので、執務室の広さを決める際にはぜひご活用ください。
  • 4.オフィス家具の配置場所を確定させる執務室の広さを確定させた後は、オフィス家具の配置を考える必要があります。オフィス家具の配置を決める際に最も注意しなければならないのは通路幅です。通路幅が狭くなると生産性が落ちてしまう危険性があるので注意が必要です。下記に適切な通路幅の目安を記載しておりますので、オフィス家具の配置決めの際にご活用ください。
  • 5.オフィスレイアウト設計の最終確認オフィスレイアウト設計の最後に注目しなければならない3つのポイントを以下に記載しております。
    • ①キャビネットの棚やオフィスのドア、窓を開閉できるスペースはあるか
    • ②オフィス家具や什器が電源コンセントを塞いでいないか
    • ③キャビネット等を窓際に設置する際にオフィス家具の高さを考慮してあるか

    上記の注意点を確認せずオフィスレイアウトを作成してしまうと、働きづらい環境を作ってしまう危険性があります。そのため、実際に使用することをイメージして細かい部分まであらかじめ決めておくことが重要になります。

オフィスレイアウトマニュアル無料配布

よくある質問

オフィスレイアウトを決めるにはどんな情報が必要ですか?
現状のオフィスレイアウト図面とヒアリング情報が必要です。オフィスレイアウト図面が無い場合は現場で実測をすることが可能です。ヒアリングでは、必要な席数や業務内容、その他ご要望などをヒアリングさせていただきます。
オフィスレイアウト作成には何日かかりますか?
7日以内に作成することが可能です。オフィスレイアウトはなるべく余裕を持ってご相談いただくことをお勧めします。事前に新オフィスへの要望をヒアリングさせていただいた上でレイアウト設計を行う方が、満足度の高いレイアウト図面をご提供できるかと思います。
「こんなオフィスにしたい」という要望があるのですが、聞いてもらえますか?
はい。ぜひ新オフィスへのご要望をお聞かせください。当社はお客様のご要望をオフィスに落としこむオフィス設計が得意です。一度ご相談ください。
オフィスの適正な広さはどれくらいですか?
社員1人の執務スペースの最低限度は6㎡と言われています。職種や働き方によって異なるので参考程度にお考えください。
社員が「このオフィスで働きたい!」と思うようなオフィスにしたいのですが、できますか?
はい。可能です。当社では、社員さんにヒアリングさせていただき、社員満足度を高めるためのポイントを特定してオフィスに落とし込んでいきます。
コミュニケーションが活発になるオフィスにできますか?
はい。可能です。オフィスの導線を工夫して社員同士の接点機会を増やすことでコミュニケーション機会を生み出す提案をしています。
生産性の上がるオフィスにできますか?
はい。できます。当社ではお客様のオフィスの利用状況を確認させていただき、業務効率が上がる最適なレイアウト・什器をご提案しています。
来客の印象がよくなるオフィスにできますか?
はい。可能です。当社では来客がどのような方かをヒアリングさせていただき、客層にあった印象をよくするための仕掛けをご提案しています。