【コロナで注目!透明パーテーション/シートの設置】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、透明パーテーションやシートに注目が集まっています。コンビニエンスストアや飲食店ではシートの採用が多いようですが、オフィスではパーテーションの導入も進んでいます。

これらを設置するのは、感染の原因となる飛沫(ひまつ)が飛び散ることを防ぐものです。今回の感染拡大を機会として、以降の第2波や季節性インフルエンザなどの流行に備える意味でも、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

透明パーテーションの設置
透明パーテーションは、通常、アクリル製です。市販のものは、大きく、スチール製スタンド型、アクリル製スタンド型、H型、コの字型に分けられます。さらに、パーテーションの下部に書類を受け渡すための窓があいているもの、ないものがあります。

・スチール製スタンド型
スタンドがスチール製で安定性にすぐれていますが、価格は1万円以上とやや割高になります。

・アクリル製スタンド型
スタンドがアクリル製なため、持ち運びが簡単です。スタンド底に滑り止めゴムが付いており、設置も簡単です。価格も数千円と割安です。

・H型
左右のアクリル板の存在で、安定性にすぐれています。左右の部分は折りたたみできるので、持ち運びも容易です。

・コの字型
これも安定性にすぐれており、折りたたみ式なので設置が簡単です。

対面式の机の間を仕切る場合、銀行などの窓口、レジカウンターなど、状況に応じて設置するタイプを検討するのがよいでしょう。

たとえば、天井が高い銀行などの窓口ではシートでは見苦しいので、窓付きのスチール製スタンド型が望ましいでしょう。飲食店のカウンターで左右に座るお客の間を仕切るなら、アクリル製スタンド型が便利だと思われます。

透明シートの設置
透明シートは天井から吊り下げることで、幅や高さなどをフレキシブルに変えられるのが利点です。天井に固定するには、レール、ビス、フック、クリップなどが使われます。

透明シートには、不燃性、帯電防止、抗菌・抗ウイル性、高透明度など、さまざまな機能を付加した製品があります。厚さは0.1mmから1mm程度まで、重量は1平方m当たり150gから1000g程度まで、性能もさまざまです。

薄いシートは設置しやすい半面、破けやすい弱点があります。厚いシートは、飛沫防止などをしっかり行える半面、吊り下げ工事を念入りに行う必要があり、端が丸まりやすくなってしまうことにも気をつけたいところです。

機能面でとくに防炎性については、気をつけたいポイントです。現在は新型コロナウイルス対策のための「非常時」ではありますが、本来、防炎性のないシートを利用することは、消防法に触れる可能性があるからです。

設置後は、シートをこまめに清掃することが重要です。清掃の際は、エタノールなどのアルコール類で消毒します。タオルに適当な量をつけ、透明シートの表面を力を入れずに拭きとります。

なお、透明シートを間仕切りパイプに取り付けることで、移動が簡単なパーテーションとして使う方法もあります。ケースに応じて、試してみてはどうでしょうか。

透明シートの注意点
透明シートを設置する上での注意点、とくに火災予防上の問題について、述べておきたいと思います。

透明シートを設置する方法として、左右にポールを立ててシートを巻き付ける方法があります。使用例は少ないようですが、設置するスペースが非常に小さい範囲ですみますので、火災予防上の問題はありません。

一方、透明シートを天井から直接吊り下げる場合は、注意が必要です。

多くのオフィスでは、天井に火災報知器の感知器やスプリンクラーの散水部が設置されていることでしょう。透明シートが天井から吊り下がることで、感知器や散水部のある空間が分けられてしまうことになると、火災の際に関知するのが遅れたり、スプリンクラーからの水が火災部分に届かなかったりなどで、火災防止の機能が働かないことになります。

このような事態を避けるには、天井と透明シートの間に空間を設けたり、シートを空間を空けながら設置することが必要です。

実際にコンビニのカウンター上を見ると分かりますが、天井からロープでシートを吊り下げることで空間を空けていたり、レジの部分だけにシートを下げることで、空間が分けられることを防いでいることが分かるでしょう。

NHKの報道から
透明シート(飛まつ防止シート)について、NHKの番組で特集されていました。民放でも、同様の内容が報じられていました。

このシリーズで述べてきたことと異なる内容はありませんでしたが、見逃した方もいるでしょうから、番組の内容を簡単に紹介して、まとめに代えたいと思います。

報道のきっかけは、大阪市のショッピングセンターで4月末、お客が商品のライターを試しに点火したところ、レジの透明シートに燃え移る事故が起こったということです。

番組で報じられた実験では、ロウソクの炎が燃え移ると、レジ両脇のポールに張られたシートはあっという間に炎につつまれ、1分ほどで燃え落ちてしまいました。しかも、シートの材質によっては、有毒ガスが発生するとも報じられています。

このような火災を起こすリスク源は、ライターや炊事場周辺の火気などだけではありません。消毒用に設置されているアルコール成分は火気厳禁であり、これらが合わさることで火災の危険性は上昇します。

このため、透明シートを導入する際は、燃えにくい材質を使っていたり、加工された製品を使うことが強く推奨されます。先に述べた実験でも、防炎加工済みのシートは、加工なしのシートが焼け落ちた後も、一部が溶けるだけという軽微な被害にとどまっていました。

何しろ、販売されている透明シートには明確な法的規定がありません。それだけに、燃えやすかったり、燃えるとガスを発生させる製品があるわけです。

番組の取材を受けたある消防本部警防部の次長さんは「透明シートは燃えやすい素材でできているものが多い」と注意を喚起し、「迷うことがあれば近くの消防署に相談に来てほしい」と話していました。

シートによっては、日本防炎協会が認定した「防炎マーク」が付いているものもあります。感染症を防ぐはずが、火災という別のリスクを増大させては意味がありません。慎重な製品選びは、【栃木オフィス作り.com】にお任せ下さい。

【栃木オフィス作り.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス” オフィス内装工事

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市