【オフィスにおける感染症の防止・中】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

受診目安は見直された
新型コロナウイルスの感染疑いについて、厚労相は受診の目安を発表しました。

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休む
  • 発熱等の風邪症状がみられたら、毎日検温をし、記録する

さらに、全国の「帰国者・接触者相談センター」(保健所)に相談する目安を示しました。しかし、「風邪の症状で37.5度以上の発熱が4日以上続く」という基準は、その後の推移によって、事実上撤回されました。

それは、症状が数時間で悪化して死亡する患者が出たこと、さらに「37.5度以上で4日間」という者は、患者に相当な負担を強い、家族への感染を広げたからです。現在、厚労省は「感染の疑いがある場合は必ず受診する」ことを呼びかけています。

それにしても、企業にとって重要なのは、従業員の「風邪ぐらいでは会社を休めない」という「ありがちな気分」に配慮することです。誤解を恐れずにいえば、「積極的に休む」気運をつくることが必要です。

ムリして出社しても効率は上がりませんし、それで新型コロナウイルスはもちろん、そうでなくても、インフルエンザや風邪が広がっても、企業にとってはマイナスです。「必要最低限」をどこにおくのかという問題はありますが、一時的な業務縮小を考えることもあってよいと思います。

在庫の問題はありますが、企業としてのマスク支給、消毒用アルコールの設置なども、検討してみるべきでしょう。

当面の新型コロナ肺炎だけでなく、感染症の脅威は世界的に増しています。オフィス運営のためにも、十分な備えをしておきたいものです。それも、広い意味での「働き方改革」といえるでしょう。

テレワーク導入時の注意点
企業にとって必要なのは、当面の経営安定化に加え、社員の健康維持と可能な限りの事業継続です。今回は、大企業を中心に増えているテレワークについて述べていきます。

テレワークというと、「家のパソコンで仕事をする」と考えがちです。間違いではありませんが、これを漫然と続けることは好ましくありません。まず、テレワークのためのガイドラインをつくることが必要です。たとえば、以下のようなことです。

  • 自宅で使用するパソコンの所有権、故障の際の費用負担
  • 社内のデータの家への持ち帰りをどの態度まで認めるか
  • 持ち帰りの際のUSBメモリなどの管理規定
  • 社内ネットワークのアクセスをどのように保証するか(セキュリティ管理)
  • 給与を支払う基準をどうするか(成果給の場合の計測基準)

とくに、パソコンが故障したり、不正アクセスを受けたり、ウイルスに感染した場合の責任の所在は、しっかりと決めておく必要があります。しかも、業務のために使用するのですから、これらのアクシデントを一方的に従業員の責任にはできません。

「短い間のことだから」といい加減にすることなく、最低限の規定を行っておきましょう。日本テレワーク協会によるガイドラインを参考にするとよいでしょう。

テレワークの導入は、働き方改革でも推奨されています。企業にとっては、従業員の働き方はもちろん、オフィスのあり方自身にも大きく影響するものです。今回の問題を機会に、中長期的に、検討してみるとよいかもしれません。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市