【オフィスにおける感染症の防止・下】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

新型コロナウイルスの感染拡大は、感染症の恐ろしさを改めて認識させてくれました。

世界的には、2000年代に入って以降、SARS(重症急性呼吸器症候群・2003年)、鳥インフルエンザ(2003年、2013年)、MERS(中東呼吸器症候群・2012年)が相次いで出現するなど、感染症の恐怖は「認識済み」のことでした。世界保健機関(WHO)は2007年、「感染症は国境を越えて拡大する世界的問題」と警告しています。

ところが、日本は島国であるせいか、こうした危機感をどこか「他人事」として受け取っていた節があります。こうした事情が、政府の対応が後手に回った背景といえるかもしれません。

庶民レベルでも、一時、マスク不足やトイレットペーパーの買い占めなどのパニックとしてあらわれているというのは、考えすぎでしょうか。

人間界と自然界の境が接近し、またグローバルな人的往来が行われているこんにち、今回のような感染症は、程度の差はあれ、今後も繰り返し起きるものと思われます。

そこでオフィスにおいて、抗菌性の高い家具を導入することは、選択肢に入ってくる問題です。

現在、「抗菌」をうたったテーブルやイスなどが、販売されています。多くは、ノロウイルスやO-157(腸管出血性大腸菌)が残留しにくいというものですが、それでも一定程度、有益であることは疑いありません。また、オフィス家具に「高機能性軟質フィルム」を机などに貼ることも、有力な選択肢です。

むろん、抗菌シートなどは、病気の治療や予防を目的とするものではありません。また、医療を目的としたものでもありませんので、「過信」は禁物です。その上で、「可能な限りの防御」として導入することをお薦めします。

【栃木オフィス作り.com】では、抗菌備品の導入をお手伝いします。一部の自治体では、オフィスの感染症対策の強化やテレワークの推進を支援する動きがあります。可能であれば、こうした制度の併用も、検討してはいかがでしょうか。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市