【断熱シートで冷暖房を効率化】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

夏用・冬用がある
暖房、冷房の効果を高めることは、経費の節減につながります。対策としてはカーテンを工夫することがありますが、窓ガラスに断熱シートを貼ることも有効です。

熱は、高い方から低い方に伝わります(熱伝導)。暖房を使う冬は室内から外へ、冷房を使う夏は室外から室内という方向です。事務所でも家庭でも、この熱がいちばん伝わりやすいのが窓ということになります。

断熱シートには、夏用・冬用があります。冷暖房の効果を高めるのはおおむね同じですが、冬用は結露の発生を抑える機能をもち、夏用は直射日光を遮る効果があります。双方の機能を持った、オールシーズン用もあります。

季節や窓の方角によって貼り替えるということも考えられますが、冷暖房器具との兼ね併せ、窓ガラスの種類などでも異なります。用途・状況に合った断熱シートを選択することが大切です。

貼れないガラスもある
断熱シートはすぐれたものですが、窓ガラスによっては、貼ることができないものがあります。購入前に注意しておきましょう。

  • 網入りガラス
    鉄線が入っているガラスで、火災による延焼・飛散を防ぐためのものです。ここに断熱シートを貼ると、ガラスの温度が上昇しやすくなり、熱割れしやすくなります。
  • 複層ガラス
    2枚のガラスを重ねることで、断熱効果を高めたガラスです。断熱シートを貼ると、これまた熱くなり、ガラスとガラスの間の空気温度が上がりますが、逃げ場がないため、熱割れにつながります。
  • 熱線吸収ガラス・熱射反射ガラス
    「熱線吸収ガラス」は、熱線を吸収するガラスです。「熱射反射ガラス」は日光を反射するもので、ガラスの表面に金属酸化物を吹き付けてあります。両者はガラスをすり抜ける熱の量を抑えることができるので、断熱シートを貼るのと同じ効果が得られます。シートを貼ることには適しません。

シートの貼り方
断熱シートを貼る前には、窓ガラスの表面をきれいにする必要があります。表面にゴミ、誇り、油、水分などが付着していると、シートをキレイに貼れず、貼れてもはがれやすくなります。ぞうきんで拭き取り、さらにから拭きします。

断熱シートを切る際は、窓ガラスにあてて確認し、ペンなどで印を付け、それを目安にカッターで切ります。アバウトな切り方をすると、見苦しくなりますのでしっかり切ります。

シートは表裏(ガラスに貼り付ける面)が決まっているので、間違えないように貼ります。ガラスに水分を吹き付けた上で貼る製品もありますので、この際は、しっかりと吹き付けます。

シートは中心から中心に手を動かして、空気が入らないようにしながら貼り付けます。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”オフィス内装工事

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市