オフィスにおける感染症の防止(1)

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

 

新型コロナ肺炎が、猛威を振るっています。最初に感染者が見つかったのは中国の武漢市ですが、日本は感染者数ですでに「世界第2位」となっています。致死率は高くないとされていますが、高齢者や基礎疾患をもつ人は要注意です。

そのほか、毎年のように流行するインフルエンザ、病院内での院内感染などもあります。オフィスは一つの空間に人が集まるところですから、対策を行わないと、会社が感染を広げる場となってしまい、さらに経営にも重大な影響を与えることになりかねません。

今回は、インフルエンザ対策を中心に、オフィスでの感染防止策を紹介します。

手洗いの徹底が基本
インフルエンザ(新型コロナ肺炎も)の感染経路は、飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染とは、感染者が咳やくしゃみでウイルスを飛ばし、それを第三者が吸い込むことで感染するものです。接触感染は、感染者の唾液・鼻水などがドアノブや手すりなどに付着し、それを触った第三者に感染するものです。

予防策の基本は、この2つを防ぐことから始まります。

接触感染の予防には、従業員の手洗い・消毒を徹底させることです。衣服に付着したウイルスは数時間、手すりなどの金属部分では約1日、残ります。

外出から帰った際、さらにくしゃみなどをした後は、直ちに手洗いすることを励行しましょう。15秒以上の時間をかけ、指の間や爪の先なども、念入りに洗います。

また、消毒液をオフィスの入口に設置したり、アルコール性のウェットティッシュを常備するようにしましょう。消毒液は、パーテーションの設置と組み合わせるとさらによいでしょう。

こうすれば、手洗いで業務が中断する時間を最小限にすることができます。また、手洗いによる手荒れを防ぐことにもつながります。

マスクの着用
飛沫感染は、マスクでリスクを減らすことができます。実際にはインフルエンザに感染していても、潜伏期間中で熱などの症状が出ていないことがあるため、周囲の人に感染させてしまうことがあります。咳などによる飛沫を防ぐには、マスクを着けることが有効です。

ただ、マスクと顔の間にすき間があると、効果が減殺されてしまいます。ワイヤー入りのマスクは、顔に付くようにワイヤーを折り曲げることが重要です。マスクは、ノドを乾燥から守る上でも効果があります。

当面の新型コロナ肺炎だけでなく、感染症の脅威は世界的に増しています。オフィス運営のためにも、十分な備えをしておきたいものです。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市