パーテーション施工なら欄間オープンがオススメ!

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

欄間オープンとは

パーテーション工事を行うには、欄間(らんま)の方式が重要なポイントになります。

欄間とは、パーテーションと天井の間のことです。日本におけるオフィスの天井の平均的高さは2.5mほどです。対して、パーテーションの高さはおおむね2m強ですので、40〜50cmのすき間ができることになります。これが欄間です。欄間を空けておくのが「欄間オープン」で、パネルなどで塞ぐのが「欄間クローズ」です。

欄間オープンの利点
欄間オープンにはいくつかのメリットがあります。

欄間のスペースから隣接部との間で空気の循環があるため、空調設備(エアコン)を増設する必要がありません。消防法の規定による消防設備(スプリングクラー、火災報知器、非常灯など)を増設する必要もありません。このため、工事費用が削減できます。

ただ、空気の循環の程度は、エアコンのパワーや設置場所にも依存します。また、しゃ音性が犠牲になるため、隣接スペースに会話が漏れるというデメリットもあります。

これに対して、欄間クローズは防音性や防犯などの利点があります。一方で、実質上「新しく部屋をつくる」ことなので、空調設備の増設と消防署へ届け出が必要です。パーテーションの設置位置が制約されたり、消防設備の増設が求められることがあり、経費が上昇します。また、欄間を開閉式にすることも可能ですが、これも経費がかかります。

【栃木オフィス作り.com】では、全体として欄間オープン方式をおすすめします。

工事はプロにおまかせを
欄間オープンをおすすめしますが、パーテーション工事の施工方法を決めるには、オフィスの現状を把握した上で、空調設備の状況や消防法との関係、防犯対策など、多くの事項を検討しなければなりません。

ですから、パーテーション工事はプロに相談することをおすすめします。

【栃木オフィス作り.com】は、パーテーション工事についての専門知識と、年間50件以上の豊富な施工実績を持っています。ぜひ、【栃木オフィス作り.com】にご相談下さい。

【栃木オフィス作り.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をワンストップでサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス” パーテーション工事

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市