「オープンフロア・オフィス」とは?(1)

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォーム、クリーニングなどを行っています。

近年、IT(情報技術)系企業を中心に採用されているのが、「オープンフロア・オフィス」です。これは、オフィス空間に間仕切りを設けず利用するものです。一部企業では、社長室さえ廃止して、一般従業員と同じフロアで執務している場合もあります。

「オープンフロア・オフィス」の利点は、従業員間、管理職と従業員のコミュニケーションの活発化、執務スペースの環境向上、ユニバーサルデザインへの対応などが挙げられます。何しろ、仕切りがないため自分だけの空間にこもることができません。コミュニケーションが増えるのは当然の成行きといえます。

「オープンフロア・オフィス」は、近年話題となっている企業のガバナンスにおいても有効です。開放空間であるために不正行為を行いにくくなり、従業員への抑止力が働くからです。残業削減にも有効です。定時になったら互いに声をかけることができますし、その段階で残っている仕事は分担して終えることも容易です。社長が同じフロアにいるため、管理職からのパワハラ、セクハラなどの防止にも役立つことでしょう。

「オープンフロア・オフィス」を導入するには、一定の面積を持つワンフロアの構造が必要です。しかし、そのような物件を保有することが難しいこともあるでしょう。その場合には、「区分所有オフィス」を取得するという方法もあります。

一方では、「オープンフロア・オフィス」では生産性が向上しないという研究結果もあります。物理的な障壁を取り除いただけでは、従業員間のコミュニケーションは必ずしも増えないということのようです。ある程度、集中して業務を行いたい場合にマイナスであるという意見もあります。

大切なことは、それぞれのメリット・デメリットをよく検討し、自社における適切なレイアウトを検討することです。たとえば、部署間の「ファイヤウォール」が必要な業種では、「オープンフロア・オフィス」はマイナスの効果しか生まないでしょう。

【栃木オフィス作り.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”オフィスレイアウト設計

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市