コロナ対策で注目!オフィスのレイアウト変更(1)

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、非常に大きなものがあります。小池・東京都知事は「自粛から自衛へ」と述べましたが、家庭だけでなくオフィスにおいても、「新しい日常」「ウイズ・コロナ」への対応が求められています。

「新しい日常」でもっとも変化している業界の一つが、飲食店です。多くの店舗で、テーブルが対面式からカウンター式に変わり、イスの間の距離が空けられ、消毒液が設置され、パーテーションや飛まつ防止シートが置かれるようになっています。テイクアウト中心へと、業態を変えた店もあります。

では、オフィスはどのように変わることが求められているのでしょうか。まず、可能なところでテレワークを導入することですが、これは別の機会に述べたいと思います。

これからのオフィスにおいては、対面式の机の配置をできるだけ避け、パーテーションなどで区切りを設けることが望まれます。もちろん、消毒液などの設置もです。これらが「自衛」につながります。

可能であれば、米国の職場のように、個々の従業員がブース内で仕事をするような状況も必要でしょう。内線電話も従業員ごとに設置するか、別のコミュニケーション手段を採用することになります。

また、机を減らすなどで空いたスペースは、休憩や共有スペースに変えることで、社員の働きやすさを向上させる工夫を行います。あるいは、オフィスの規模縮小を検討することも選択肢になります。これは、オフィス賃料などのコスト削減にもつながります。

このようなことの実現には、当然ながら、オフィスレイアウトを変更することになります。備品も、移動や更新することになります。業態などに合わせた、適切なレイアウトが求められることになります。

【栃木オフィス作り.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス” オフィスレイアウト設計

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市