オフィスのユニバーサルデザイン化という考え方(1)

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

東京五輪・パラリンピックや「働き方改革」を契機として、建物のバリアフリー化が進んでいます。高齢者や障がい者の雇用が進む、オフィスも同様です。

このように、バリアフリー化とは、高齢者、障がい者にとって暮らしやすい町、建物をめざすためのものです。

それに対して、高齢者、障がい者だけでなく、性別や国籍などの「違い」も加味し、すべての人の暮らしやすさ、働きやすさを追究するのが「ユニバーサルデザイン」というコンセプトです。

では、ユニバーサルデザインとはどのようなものでしょうか。この提唱者であり、米国の建築家である故ロナルド・メイス氏は、以下のように定義しています。

  • 公平性:誰もが同じように使える
  • 柔軟性:使う上で自由度があること
  • 簡便性:使い方が簡単であること
  • 明確さ:情報がすぐに理解できること
  • 安全性:ミスを許容できること
  • 持続性:身体に過度な負担をかけないこと
  • 空間性:十分な大きさと空間があること

この考え方は、私たちの生活のなかに徐々に普及しつつあります。たとえば、以下のような例があります。

  • シャワートイレ(元元は障がい者向けに設計された)
  • センサー式の蛇口
  • 幅を広げた駅の改札
  • 音声やジェスチャーによるIT(情報技術)機器への入力
  • 標識(ピクトグラム)

この考え方は、オフィスにおいても重要になってきています。

その理由の一つは、高齢者による人材不足は慢性化しているからです。定年延長などによる高齢者や女性の雇用拡大、外国人労働者の受け入れなどは、今後さらに拡大するでしょう。これに対応するには、オフィスのユニバーサルデザイン化が不可欠です。

二つ目に、グローバル化によって人材も世界に求める時代になっているからです。国籍を問わず働けるユニバーサルデザインは、大企業・中堅企業を筆頭に、必須のものになりつつあります。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”オフィスレイアウト設計

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市