災害時のテレワーク、その注意点とは?

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィス内装工事』のサポートさせていただいている【栃木オフィス内装工事.com】です。

【栃木オフィス内装工事.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォーム、環境整備を行っています。

テレワークは、オフィスが災害に遭った、もしくは遭うリスクが高まった際に、事業を継続させる上で有効な業務形態です。

しかしながら、災害の規模や状況によっては、テレワークそのものが難しくなる場合があります。事業継続のためには、このリスクも勘案しておくことが大切です。

たとえば、テレワークを行う従業員の家屋が損壊したり、インターネット回線が何らかの被害を受けてネット接続が不可能になる、被災で電源が消失するなどです。こうした事態に陥ると、テレワーク自体がほぼ不可能になります。

オフィスにおける事業継続対策についてはすでに述べてきました。テレワークの継続性を保証する問題については、企業が責任を持つ範囲や負担など、しっかりと検討して決めておく必要があります。具体的には、緊急時のネット回線の確保や、パソコンが水没などの被害に遭った際の保証などです。勤怠管理の明確化も求められます。

企業がどれほど負担できるかという問題があることを前提に、テレワークに求められるものを紹介します。

まず、パソコンを一定時間稼働させるための電源です。可搬型蓄電システムが、法人向けサービス企業から提供されていますので、検討してみてはいかがでしょうか。

また夏季がメインになりますが、北関東は落雷が多い地域です。オフィスや従業員宅の落雷対策も重要です。落雷時には電流が逆流し、パソコンなどを破損させるリスクがあります。雷サージ対応タップを使うと効果的です。

オフィスのリフォームなど環境整備は、実績のあるプロ=【栃木オフィス内装工事.com】にお任せ下さい。【栃木オフィス内装工事.com】は、ご要望に応じた提案を行います。

栃木県でのオフィスのリフォーム・修繕なら、お任せください。オフィス家具の選定と販売・レイアウト変更、ネットワークとセキュリティに関するご相談もお気軽に【栃木オフィス内装工事.com】にお電話ください。

“栃木オフィス内装工事.comのサービス”

栃木オフィス内装工事.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィス内装工事.comご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市