北関東では必須!落雷対策でオフィスを守る

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィス内装工事』のサポートさせていただいている【栃木オフィス内装工事.com】です。

【栃木オフィス内装工事.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォーム、環境整備を行っています。

9月に入り、北関東地方は「落雷の季節」に入ります。とりわけ、この時期は落雷被害への対策を行う必要があります。建造物の落雷対策としては避雷針が知られていますが、複数の対策を打っておくことが重要です。

まず、雷の特性を理解しておく必要があります。雷は高いところと、帯電しているところに落ちやすい特徴があります。建物や木のほか、人間にに落ちることもあり、この場合は高い確率で死亡事故につながります。火災事故につながることもあります。

建物に落ちた場合、内部の人間への被害はほとんどありません。ただ、オフィス内のパソコンなど電子機器が被害を受けることがあります。雷によって、急激な電圧上昇や異常な量の電流が発生するからです(雷サージ)。機械が破損しない場合でも、データが消失するケースもあります。

これを避けるには、以下の方法の複数を組み合わせることが有効です。

データのバックアップ
落雷によるデータ消失を防ぐため、日常的にデータのバックアップをとっておきます。

外付けHDDやUSBメモリを利用するほか、自動的にクラウド上にデータをバックアップするサービス(DropboxやGoogleDrive、OneDriveなど)を活用するにも有効です。

避雷針の設置
オフィスがある建物に避雷針を設置することです。避雷針は雷を避けるのではなく、むしろ積極的にそれを受け、電流を地面に流すものです。避雷針は建築基準法や消防法などによって、20mを超える建物に設置義務があります。

また、最近は性能をアップさせた「dinnteco避雷針」が登場しています。旧製品を利用している場合、交換を検討することも有効でしょう。

避雷器(SPD)を活用
SPDはサージ保護デバイス(Surge Protection Device)の略です。雷サージを防ぐため、SPDを機器とコンセントの間などに取り付けます。電源タップなどでも、この機能を備えた製品が販売されています。

火災保険を使う
落雷被害の損害を極小化するため、火災保険に加入しておくことです。落雷や地震などの自然災害をサポートした保険商品を選びましょう。

オフィスのリフォームなど環境整備は、実績のあるプロ=【栃木オフィス内装工事.com】にお任せ下さい。【栃木オフィス内装工事.com】は、ご要望に応じた提案を行います。

栃木県でのオフィスのリフォーム・修繕なら、お任せください。オフィス家具の選定と販売・レイアウト変更、ネットワークとセキュリティに関するご相談もお気軽に【栃木オフィス内装工事.com】にお電話ください。

“栃木オフィス内装工事.comのサービス”

栃木オフィス内装工事.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィス内装工事.comご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市