「ウイズ・コロナ」のテレワークは強制ではない

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォーム、クリーニングなどを行っています。

「ウイズ・コロナ」の時代となって、オフィスのあり方が模索されています。NHKが、番組で「ポストコロナ時代のオフィスデザイン」を特集するほどの状況です。

これまでも何度か述べてきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、これまで常識であった「オフィスで働く」というスタイルが、見直されています。リモートワーク(テレワーク)が進み、ビデオ会議の導入も進むなか、「オフィス不要論」さえ浮上しています。ひいては、「働き方」や「出勤」「コミュニケーション」などというさまざまな問題自身が、問われる状況になっているということでしょう。

従業員のなかでも、「オフィスがよい」という人もいれば、「自宅でも大丈夫」という人がいることでしょう。世代による違いもあるかもしれません。いずれにしても、テレワークは万能ではありませんし、労災基準や機器・通信費の負担など、あらかじめ定めておくべき問題が多いことも事実です。

大切なことは、「ウイズ・コロナ」の時代は、「コロナ以前」に戻るということではないことです。オフィスでの仕事をそのまま自宅で行う、ということではなく、自宅でオフィス以上に成果を上げる、あるいは逆に、オフィスでテレワーク以上に成果を上げるということでなければならないはずです。

「ウイズ・コロナ」の時代のオフィスは、従来以上に、従業員間のコミュニケーションを図れるものでなければなりません。面と向かった会話から偶然に生まれるアイデア、臨機応変な判断、部門を超えたコラボレーション、対面による説得や教育といったコミュニケーションは、ビデオ会議に置き換えることのできない要素を多く含んでいるからです。

たとえば、オフィスのイスは仕事用にデザインされたものであるのに対して、テレワークで使用する自宅のイスには、そういった配慮がされていないという場合があったらどうでしょうか。自宅よりも、オフィスでの仕事を希望する従業員が多くなる可能性があります。先に挙げた、労災基準などの問題もあります。

それだけに、テレワークを「推奨」することと「強制」することは、まったく異なりますことに留意しましょう。「仕事のしやすさ」を考えて、従業員自身に一定程度、選択権を与えることも大切です。そのためには、オフィスの衛生環境を保つことが不可欠です。

消毒液の設置、ソーシャルディスタンスの確保などに加え、とくに夏場は、オフィスの換気にも注意すべきです。猛暑が続く昨今、室内の換気を行うことは、なかなかに心理的困難を伴うことだからです。オフィス内に風が取りやすいよう、机のレイアウトを工夫するようにしましょう。

【栃木オフィス作り.com】は、新時代のオフィスづくりのご相談に応じております。

【栃木オフィス作り.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市