知っておきたい!オフィスの消毒法(1)

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、オフィスや家屋の消毒に注目が集まっています。中国などでは屋外道路の消毒も行われているようですが、それはややオーバーとしても、オフィスの消毒については知っておいて損はありません。

消毒液の種類
まず、社内で新型コロナウイルスの感染が発覚した場合、消毒を強いられることが多いと思います。消毒・除菌に有効とされる薬剤には、以下のものがあります。

・アルコール消毒液
これは一般的なものですが、濃度は75%以上が推奨されています。

・次亜塩素酸水
濃度200ppm以上が推奨されています。

・次亜塩素酸ナトリウム
濃度は0.02%以上、明確に汚染されている場所では0.1%以上が推奨されています。家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムです。

消毒の方法
消毒の際は、まず、共用部分を重視します。共用部分は、感染者だけでなく、さまざまな人が触れるため、念入りに消毒することが必要です。

具体的には、ドアの取っ手やノブです。薄めた塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしても有効です。外部からの出入り場所など、状況に応じて、消毒のレベルを変えてもよいでしょう

作業は、専門の業者に任せることが推奨されます。時前で行う場合は、防護服・ゴーグル・マスク・手袋・シューズカバーを着用します。さほど深刻な汚染でないことが確実なら、マスク・エプロン・ゴム手袋の着用だけでもよいでしょう。

消毒の際には、ULV噴霧器(空間噴霧)で除菌剤を吹き付けます。順序は、天井→壁の順で行います。最後は床ですが、噴霧後はすぐに拭き取らず、自然乾燥をさせます。ただ、素材によっては漂白してしましますので、事前の確認を行います。

なお、除菌剤はふきんの方につけることを忘れないで下さい。拭き取り方法は、手を往復させるのではなく、体から遠い方向に向かって拭くようにします。作業時は、換気を十分に行います。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市