この際見直す「オフィスの安全衛生」(1)

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、改めて、オフィスの衛生管理に注目が集まっています。アルコール消毒液の設置やマスク配布、社員への手洗い励行などです。これらは、数カ月後、新型コロナウイルスが「収まった」後も、続けていきたいことです。

なぜなら、安全衛生管理に配慮されたオフィスは、従業員にとって働きやすいので生産性が向上し、来客にとっても好感が持てるものだからです。この点では、国が労働安全衛生規則(安衛則)や事務所衛生基準規則(事務所則)などを定めています。工場などとは違って、オフィスではともすると、安全衛生に対する意識が低くなりがちですので、注意しておきたいところです。

まず、オフィスにおいて、人体に悪影響を与え得る要素について押さえておきましょう。

ウイルスや細菌
細菌は生物で、ウイルスはそうとは言い切れないものです。新型コロナはウイルスですが、加湿器などに発生するレジオネラ菌(高熱や頭痛の原因)、食物などから感染する腸管出血性大腸菌O157(激しい下痢などの原因)なども、警戒すべき対象です。

一酸化炭素・二酸化炭素
これらの空気中の含有率が高くなると、頭痛やめまい、吐き気などに襲われます(一酸化炭素中毒・二酸化炭素中毒)。

粉じん
オフィスには、ホコリ、紙、カーペット、花粉、タバコの煙など、微細な粉じんが蓄積されがちです。これらはアレルギーのほか、最悪の場合は肺がんを引き起こすこともあります。

ホルムアルデヒドなどの化学物質
建材などから発生する揮発性の物質で、シックハウス症候群の原因です。この症状は、湿疹やじんましん、倦怠(けんたい)感などです。

これらを防ぐには、アルコール消毒液の活用や、適切な換気、食べ物の管理が必要です。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市