【プレゼン用プロジェクターは天井吊り下げで】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

会議の際に、プロジェクターを使うことがあると思います。とくに、企画のプレゼンテーションを行う際には必須です。

プロジェクターを設置する際には、机に置くよりも、天井から吊り下げるのがベターです。机に置くタイプだと、毎回、焦点や距離を調整しなければなりませんが、吊り下げていれば簡単です。会議用机も、広々と使うことができます。電源・ビデオ用のコードを床にはわせる必要もありませんし、プロジェクターが排出する熱風やファンの音も気になりません。

天井に設置するには、施工が必要です。天井の設置位置は、技術を有する人間による墨出し(印をつけること)の後、天井部分をカットすることになります。ケースによりますが、プロジェクターをしっかり固定するため、天井部分を補強します。

その上で、プロジェクターを金具で取り付けます。多くの製品は、天井吊りのための金具が別売りされています。複数のメーカー製品に幅広く対応した汎用的なキットもあります。汎用製品だと、製品を交換した場合でも流用できるのが便利です。それを使って天井に取り付けますが、天井の高さによっては「延長ポール」(シャフト)が必要になります。

必要な配線は、電源ケーブル、HDMIなどの映像ケーブル、音声ケーブル(HDMIでは不要)で、機種によってはUSBケーブルが必要になります。電源はプロジェクタ取り付け位置の近くに用意し、ケーブル類はシャフトの中に格納して天井裏を通します。

プロジェクターに接続する機器は、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンも想定しておくべき時代です。このため、プロジェクターが対応したケーブルは可能な限り配線しておくことが無難です。

また、スクリーンを新規に設置する場合は、天井から吊り下げるか、置き型にします。プロジェクターを天井吊り下げにするなら、スクリーンも天井吊りにすることがよいでしょう。プロジェクターを天井吊り下げにすると高い位置からの投影になるため、しっかり設定しないと画面は台形になってしまいます。補正とピント合わせが重要です。

プロジェクターを天井吊り下げにするための作業手順を簡単に述べてきました。お読みいただいてご理解いただけたと思いますが、取り付けにはプロの技術と経験が求められます。【栃木オフィス作り.com】にお任せ下さい。

【栃木オフィス作り.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス” オフィス内装工事

栃木オフィス内装工事.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィス内装工事.comご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市