【オフィスのネットワークを見直す】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィスづくり』のサポートさせていただいている栃木オフィスづくり.com です。

【栃木オフィス作り.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

通信規格の確認
無線LANの特集の際にも述べましたが、頻繁にネットワーク接続を行う事務所では、無線LANよりも高速で、安定性の高い有線LANが適していることがあります。無線通信は、電波干渉の影響が避けられないからです。

とはいえ、有線LANも万全ではありません。数回に分けて、有線ネットワーク環境について述べていきます。

有線ネットワークを構築する際には、ケーブルやハブ、パソコンのLANポートの規格を再確認するところから始めます。

事務所で快適なネットワーク環境をつくるには、100Mbps以上の通信速度(100BASE-TX)に対応していることが望ましいといえます。

最近のパソコンでは、それより速い1Gbpsの通信速度(理論値、1000BASE-T)に対応する「ギガビットLANポート」が付属していることが一般的ですので、ほぼ心配はありません(薄型ノートパソコンでは無線LANしか使えないことがあります)。

しかし、ルーターやハブ、LANケーブルも100Mbpsの通信に対応しているでしょうか。これは、製品をパッと見るだけでは分かりにくいものです。

LANケーブルも劣化や破損することがありますので、不明であれば、思い切って新調することがお勧めです。

ケーブル劣化の原因
LANケーブルは、長年使っていると劣化や断線が発生します。その原因は、以下のようなものです。

  • 直射日光や高温による劣化
  • 机や機器による傷
  • 水・油や電気的な損害

これらの事案が起きると、通信速度が遅くなったり、最悪の場合はつながらなくなります。ただ、1本の導線が切れても通信自体は維持できるため、速度が遅くなってもなかなか気付かないことがあります。LANケーブルを粗末に扱ってはいけないことが分かります。

事務所のレイアウトを考える場合には、窓や水回りに近い場所、移動することが多い机の近辺を避けるなどして、LANケーブルを配線することが大切になるわけです。

初歩的ミスを避ける
ネットワーク環境をつくる際に、初歩的ミスで失敗することがあります。たとえば…

  • ハブの電源を入れ忘れる
  • LANを刺すパソコンのポートを間違える
    「ポートを間違える」というミスでは、USBプリンタからのケーブルをLANポートに刺しており、「ケーブル差し込み口がない」と思っていたケースがあります。笑い話のようですが、経験談です。
  • LANケーブルのコネクタ部分が破損して抜ける
    これは、よく経験することです。日頃から、ケーブルの抜き差しは慎重に行いましょう。
  • クロスケーブルを使ってしまう
    「クロスケーブル」とは、ケーブル内の結線が、通常のストレートケーブルと異なっているものです。以前は、ハブとハブを接続する場合にはクロスケーブルが必須で、この間違いがトラブルとなっていました。ただ、最近では機器側に識別機能があるため、気にする必要はなくなっています。旧式のルータやハブの場合は、確認が必要です。

【栃木オフィス作り.com】は、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をサポートさせていただきます。クリーニングも行っておりますので、ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスづくりのご相談は【栃木オフィス作り.com】にお任せください。

“栃木オフィスづくり.comのサービス”配線工事

栃木オフィスづくり.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィスづくりご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市