【オフィスに耐震・転倒防止策を】

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

栃木県宇都宮市と栃木県北地域の事業者様に『オフィス内装工事』のサポートさせていただいている栃木オフィス内装工事.com です。

【栃木オフィス内装工事.com】では、事務所レイアウトの提案やリフォームを行っています。

日本は世界有数の「地震国」です。家庭だけでなくオフィスにおいても、地震対策を行っておくことは重要です。地震のたびに「転倒防止策」を考えるものの、「いつの間にか立ち消え」の繰り返しではいけませんね。

オフィスで重要なのは、書棚などの転倒対策です。これは、従業員を事故から守るためにも重要です。

転倒防止には、書棚などの家具を床や壁などと金具で固定することが最も効果的です。その上で、以下の点に注意したいところです。

・執務用デスクの周辺には高さのある家具を置かない
・家具類は避難経路を塞がないように置く
・家具をパーテーション代わりに使用しない
・避難誘導灯を家具などで塞がない
・収納物は「重いものは下、軽いものは上」に入れる
・家具の上にモノを置かない
・引き出しの飛び出しや扉の開放防止にラッチなどを付ける
・使用頻度の低い、重要書類の入った引き出しは施錠する
・書棚などのガラスには飛散防止フィルムを貼る
・上下・左右式の家具は上下段・左右段を連結する

さらに、転倒防止はパソコンなどのOA機器にも対処するようにしましょう。大地震となるとOA機器は転倒する可能性があるだけでなく、最悪の場合には「飛ぶ凶器」となり得ます。転倒防止に努めることは、従業員を守ることになりますし、大切なデータを保護することでもあります。

消防法においても、義務ではないとはいえ「家具・什器類の落下転倒防止などの被害軽減措置をとる」ことに配慮しなければならないとされています。オフィス内装においては、ぜひ考えておきたいポイントの一つです。

OA機器向け「耐震グッズ」がさまざまに販売されており、ディスプレイ用、パソコン本体用、電話機用、什器用などがあります。

転倒防止の仕組みもさまざまで、衝撃を吸収する「粘着式ゴム」がもっとも安価で簡易なものです。もう少ししっかりした仕組みのものには、パソコンを机面などと固定する「ストッパー」や、パソコンとディスプレイを結わえる「ロック付きベルト」、収納物の落下を防ぐ「フック式ベルト」などがあります。

【栃木オフィス内装工事.com】では、栃木県宇都宮市と栃木県北地域での”オフィスづくり”をワンストップでサポートさせていただきます。ぜひ一度、ご相談いただけると幸いです。

栃木県でのオフィスのリフォーム・修繕なら、お任せください。オフィス家具の選定と販売・レイアウト変更、ネットワークとセキュリティに関するご相談もお気軽に【栃木オフィス内装工事.com】にお電話ください。

“栃木オフィス内装工事.comのサービス” オフィス内装工事

栃木オフィス内装工事.comでは、 栃木県宇都宮市、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)を中心に、お客様のオフィス移転やオフィス内装工事のご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

栃木県宇都宮市、栃木県北地域での
オフィス環境づくりはお任せください

0287-22-2168

受付時間:平日9:00~18:00

栃木オフィス内装工事.comご対応エリア
【ご対応エリア】
栃木県大田原市
栃木県那須塩原市
栃木県矢板市
栃木県那須鳥山市
栃木県さくら市
栃木県那須町
栃木県那珂川町
栃木県塩谷町
栃木県高根沢町
栃木県宇都宮市